[ナイスな情報]


-- MENU --

心筋梗塞の原因は、喫煙、高コレステロール血症、糖尿病、高血圧、ストレス、肥満など

主に心筋梗塞の原因と検査に関する情報です。

また、心筋梗塞の原因となる発病因子、心筋梗塞の症状が現れる前兆、食事による心筋梗塞の予防や治療についてなど、中年を過ぎたら特に気をつけたい心筋梗塞の予防のためにも、ここでもう一度確認してみましょう。

心筋梗塞は、発症してから3日以内の病状を急性心筋梗塞と呼び、30日以内の状態を亜急性心筋梗塞、30日以上経過している状況を陳旧性心筋梗塞というように、発症後の経過日数などで大きく分類されています。

また、心筋梗塞を引き起こした原因による分類もされており、粥状硬化性、冠攣祝性、血栓(塞栓)性、冠動脈解離性の4つの病態があります。

心筋梗塞を引き起こす原因となる発病因子は、喫煙、高コレステロール血症、糖尿病、高血圧、ストレス、肥満など、おおよそ成人病、生活習慣病の原因と共通するものばかりです。

すべての因子を避けて暮らすというのも現実的には無理な話ですが、こうしたことが心筋梗塞の原因としてあることを知っていれば、いろんな機会で自重することができるかもしれませんよね。

中でも、高血圧に関しては、高い値がずっと続くことが、より心筋梗塞になりやすくなるので、日頃、高血圧気味である人は、血圧チェックを毎日欠かさず行い、自己管理をしっかりすることが心筋梗塞予防につながります。

心筋梗塞の症状の多くは、動脈の内側がなんらかの要因で徐々に膨らんで、ついにはできもののような隆起物となって、だんだんと血流を悪くするほどに大きくなってしまうケースです。

そして、ついにはそのおできのような隆起物が血管内で破れてしまい、その部分で血液が固まって血栓ができてしまいます。

そうなると、字のごとく血栓が栓となって動脈の内側を塞いでしまって血液の流れを阻害するのが心筋梗塞の原因と症状です。

 

関連商品情報>>心筋梗塞 予防



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

心筋梗塞の前兆は、胸のむかつき、胸焼け、嘔吐、下痢など、胃腸の症状と似ていることも

更に、こうした血栓が細かい動脈に詰まって血流がどんどん滞ると、たくさんの酸素が必要な心臓や脳に充分な酸素や栄養が届かなくなります。

そうなると冠状動脈に動脈硬化を引き起こしてしまい、狭窄や閉塞、心筋梗塞の原因、要因になってゆきます。

なお、こうした動脈のつまりが心臓で発生すると心筋梗塞、脳で発生すると脳梗塞ということになります。

心臓の場合は、血流が完全に止まっていなければ狭心症ということになりますので、心筋梗塞と狭心症は、共に虚血性心疾患という病名で呼ばれたりもします。

心筋梗塞の症状が現れる前兆には、胸のむかつき、胸焼け、嘔吐、下痢などがあり、胃腸の具合が悪い時の症状と勘違いすることもよくありますので、そうした症状には注意が必要です。

さらに、糖尿病患者の場合は心筋梗塞の痛みなどの症状をあまり感じないこともありますので、より注意が必要です。

発作の前兆としてわかりやすいケースは、胸全体に激しい痛みが10分以上続いたり、呼吸が困難な状態になったりの症状が現れた時です。

また、背中やみぞおち、肩や腕、歯や顎といった胸以外の部分に痛みがでることもあり、本人がたいした自覚をしていないにも関わらず、心筋梗塞の症状が悪化してしまうこともあります。

 

関連商品情報>>心筋梗塞 糖尿

心筋梗塞の予防は、定期的な早期発見検査の受診と健康的な習慣を守ること

心筋梗塞の検査の種類には、血液検査、心電図検査、心臓超音波検査(エコー)、心臓カテーテル検査、心臓CT検査、心臓MRI検査などがあります。

なかでも、心電図による検査は、狭心症や心筋梗塞の発見や診断には無くてはならない検査方法です。

さらに、その中でも運動をしながら診断していく方法の運動負荷試験というのは、運動による血圧や心拍数の反応など、様々な心電図のデータを見て総合的に心筋梗塞の症状の有無を検査できます。

また、予防や治療にもたいへん役に立つ検査です。

他に、安静時に診断や治療の効果を見るために24時間の心電図を連続して記録するホルター心電図法というものがありますが、それは不整脈などのデータを元に心筋梗塞の原因の診断にも効果が高い検査です。

心臓超音波検査(エコー)は、ごく軽度の心筋梗塞の原因を検出するのに適した検査です。

心臓カテーテル検査は、直接冠動脈を造影して狭窄欠陥部分を特定し治療の方法などを決定するというものですが、心筋梗塞の原因を探る診断に絶対に必要な検査というわけではありません。

検査する過程として、まず最小限の検査である心電図や血液検査を受け、心筋梗塞の原因が明らかになったのち、最終的な判断をエコーやカテーテル検査で下すといった段階を経るのが理想的です。

このように、心筋梗塞の原因を探るには、心臓CT検査や心臓MRI検査といった最新鋭の検査方法でなくても一般的な検査方法である程度診断する事が可能です。

心筋梗塞の予防に大切なことは、早期発見検査のための定期的な受診と健康的な習慣を守ることです。

さらには、心臓に良い食事をちゃんと摂ることです。

食事による基本的な心筋梗塞の予防として、脂肪が少なく塩分の量を控えた食事を摂ることと食物繊維を多く摂ることを心がけましょう。

 

関連商品情報>>心筋梗塞 食事

大阪大学医学博士との共同開発で生まれたマッサージオイル

大阪大学名誉教授で医学博士の永井先生の30年余りの研究成果に基づき、開発された、100%オーガニック アロママッサージオイルです。気になる膝や腰、方などコリや疲れ、痛みなどで気になる箇所を、このオイルでマッサージすると、動脈が拡張し、血流が増加し、骨格筋への酸素と栄養素の供給が増大し、骨格筋の疲労回復が図れる可能性があることが証明されています。