[ナイスな情報]


-- MENU --

高い効果と安全性を実現した視力回復法「オサート」

視力回復法にはさまざまな方法がありますが、最近各種メディアで注目されている視力回復法は「オサート」です。
視力回復法と言えば、最近まではレーシックが主流でした。レーシックとはレーザーによって角膜を削り屈折率を変えて視力を矯正するものです。レーシックは手術をするためまったく失敗がないとはいえません。またレーシックは目にレーザーを当てるため恐怖心がありますし、小さな子供や老人には向かない方法でした。
その後、手術をしない視力回復法として開発されたのがオルソケラトロジーです。オルソケラトロジーは、夜間寝ている間に矯正用コンタクトレンズを装着することで角膜を凹レンズ化し、日中はレンズを外して裸眼でも視力を維持できるという治療法です。
オルソケラトロジーによる視力回復法のメリットは、レーシックのように手術をする必要がないため、合併症等の心配がなく、小さな子供から老人まで幅広く治療をすることができるということです。
手術を必要としない視力回復法であるオルソケラトロジーの技術が、さらに進化した画期的な視力回復法が「オサート」です。

視力回復関連情報のいろいろはこちら>>



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

視力回復法「オサート」は完全オーダーメイドのレンズで、あらゆる問題にも効果を発揮

いままでのオルソケラトロジーでは、重度の近視、乱視、遠視や円錐角膜、角膜移植眼には対応できないという欠点がありました。
視力回復法「オサート」では一人一人の角膜形状に合わせた完全オーダーメイドのレンズを使用しますので、オルソケラトロジーでは対応できなかったありとあらゆる問題にも効果を発揮できるようになりました。
オルソケラトロジーが改善され進化した視力回復法「オサート」の最大のメリットは、従来のオルソケラトロジーでは視力回復が望めなかった重度の近視や乱視、遠視、老眼にも効果があるということです。
視力回復法「オサート」がレーザー手術が適さない円錐角膜のような形状の角膜にも対応できるのは、「オサート」がオルソケラトロジーと違って、一人一人の角膜の形状に合わせて、完全オーダーメイドのレンズをデザインしているからです。
視力回復法「オサート」により視力回復の高い効果と安全性が実現されるようになりました。
視力回復法「オサート」が日本に導入されたのは2000年ですが、今では5000人以上の人がこの視力回復の治療を受けていると言われています。現在「オサート」による視力回復の治療ができるのは、日本では三井メディカルクリニックだけです。興味のある方は、HPをチェックしてみると良いでしょう。

視力回復法オサートによる治療の費用

世界の国々の中でも、日本は近視などによる視力低下の人口がたいへんに多い国です。そのため、視力回復法などの情報が広がるのも早く、視力回復法オサートの治療情報などもレーシックなどとともにたくさんのメディアに取り上げられています。その中で、視力回復法のオサートは、年少の子供でも安心して受けられる視力回復の治療方法で、特にスポーツ選手などには、メガネやコンタクトレンズを使用する必要がなくなるということが好評で利用している人もたいへん多いようです。
視力回復法オサートは、就寝時に矯正用のコンタクトレンズを装着して眠ります。そうすることで、目の角膜を徐々に凹レンズ化してゆき、やがて視力の回復につながり、日中はめがねやコンタクトレンズなしの裸眼で過ごせるようになります。そして、その矯正用のコンタクトレンズを、視力回復法オサートの場合は完全オーダーメイドで行いますので、オルソケラトロジーのように場合によっては対応が難しかいというようなケースはほとんどなくなりました。視力回復法オサートの矯正用コンタクトレンズの費用は、片目でだいたい27万円程度からで、両目のセットで、だいたい38万円程度からとなっている場合が多いようです。オルソケラジーの場合は、オサートより10?15万円は安く抑えられるようです。
視力回復法オサートでの視力回復治療が受けられるのは、日本ではいまのところ三井メディカルクリニックのみとなっています。視力回復法オサートを希望する場合は、三井メディカルクリニックで開かれている無料説明会に参加することから始めるといいでしょう。三井メディカルクリニックでは、視力回復法オサートの手順は、まず初診でオサートのテストレンズを装着して、個々の視力回復の効果を調べます。同時に眼圧や角膜、涙や、治療の効果と安全性のための各種検査をします。費用は2500円程度です。その結果によって、個人個人の状況を検討して、視力回復法オサートを行うことになります。