[ナイスな情報]


-- MENU --

夏バテ症状は、全身の疲労、倦怠感、軽い腹痛、めまい、立ちくらみ、風邪のような症状など様々。

今年の夏は、あっついですねぇ?!こうも暑いと、やはり夏バテの症状がいろいろ出てきてしまいます。人によって夏バテの症状というのは、さまざまです。もしご自身が、夏バテを自覚した場合は、なるべく早め、早めの対策を心がけてください。そのままでほったらかしにしておくと、どんどん悪循環にはまり、夏バテの症状がひどくなりやすくなってしまいますから。
まずは、夏バテの症状の主なものを挙げていってみましょうか。
夏バテ症状の代表的なものが、全身の疲労・倦怠感・だるさといったところではないかと思います。また、なんとなく元気がない、やる気がおきない、無気力になるかと思うと、イライラしたり、何事にもゆううつになったり、何かと神経質になったりと、神経的な側面の夏バテ症状もあります。めまい、立ちくらみ、ふらつき、身体の不安定感も、夏バテに多く見られる症状です。もちろん食欲が湧かない、よく下痢をするようになったり、便秘がちになったり、軽い腹痛などの消化器系の症状も夏バテによくみられます。夏風邪と区別がむずかしい、熱っぽさや寒気、頭痛といった風邪のような症状も見逃せません。人によっては動悸、息切れ、むくみを伴う夏バテの症状もあります。

夏バテ 予防関連情報のいろいろはこちら>>



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

高温・多湿。室内外温度差5度以上。栄養不足が夏バテ症状の原因。

前述した夏バテ症状のいろいろは、日本の夏の特徴ともいうべきもので、高温・多湿が原因の一つだともいわれています。
中東など、暑くても、湿度が低くカラっとした気候の地域であれば、意外に夏バテの症状があまりでません。湿気で汗が身体にまとわりつくことがなく適切に蒸発してくれるので、暑くても体温の調節が行いやすいからということです。
高温でさらに多湿の地域では、どうしても汗を蒸発させることによる気化熱で体内の熱を放出することがができにくいので、体温を一定に保つのに、体内的に相当量のエネルギーを要するため、身体の機能ににかなりの負担がかかってしまうのです。
高温多湿の夏場は、この無理が続いてしまうと、身体が暑さに対応しきれなくなってしまい、夏バテの症状がでてきてしまうのです。
そして、夏バテの症状が出てくるのは、暑さだけが問題なのではなく、室内外の温度の差にあります。室内外温度差が5度より大きくなると、人間の自律神経による体温調節機能が対応しきれなくなり、自律神経が乱れて体温調節が難しい状態になってしまいます。クーラーの効いている部屋と暑い屋外とを何度も行き来する、営業マンや外回りの会社員には本当に大変な季節といえますね。

夏バテ症状の解消法は室内と外気温の温度差を5度におさえ、睡眠と栄養をしっかりとること

では、ここからは夏バテの解消法をご紹介していきましょう。
夏バテの解消法の基本は、まずは、エアコンの温度を高めに設定し、室内と外気温の温度差を5度におさえるようにしましょう。そして、日中に、無理をさせている身体の疲れをしっかりとるために、睡眠時間を十分確保するよう心がけましょう。さらに、夏場は大量の汗をかくことによって体内の水分がかなり消費されているので、こまめな水分補給を忘れないようにしましょう。ただし、暑いからといって、あまり冷たいものばかり飲むと、内臓や消化器官の働きを鈍らせてしまいますので、冷たい物の取りすぎには気をつけましょう。それから、食事は旬のものを積極的にメニューに取り入れるようにしてください。夏場が旬の野菜は、身体を適度に冷やしてくれる効果がありますから。また、忙しくて、どうしても食事だけでは栄養を摂りきれないという場合は、足りない栄養素を摂取できるサプリメントを補助的に利用するとよいでしょう。
今年の夏、日本の夏は温度も高く、降水量も多いようですね。皆さんも、どうぞ夏バテ症状の対策・対処法を日々の生活に取り入れて、元気な夏をお過ごしくださいませ。