[ナイスな情報]


-- MENU --

膝の痛みの原因は体型面や肥満度、日常の生活習慣、さらには遺伝や体質・老化等も

関節の中でも、特に痛みを起こしやすいのが膝です。

体重を支えながら、立ったり歩いたり、階段を昇ったり降りたりするため、膝には大きな負担がかかります。
膝の痛みの原因としては、体型面や肥満の度合い、日常の運動の状況や、生活習慣、さらには遺伝や体質・老化等も原因としてあげられます。
太り過ぎて体重が増えてしまうと膝には大きな負担がかかります。

平地歩行時には体重の約2-3倍、階段昇降では約4倍、ランニングでは約6倍もの力が膝にかかっています。

足の筋肉が衰えると膝に痛みを感じる場合もあります。


体型が膝の痛みの原因となるのはO脚とX脚です。

生まれたときはだれでもO脚ですが子どもから大人になるにしたがって自然にまっすぐになっていきます。

O脚気味の方もX脚気味の方も間接の片側だけに力がかかることになり膝の関節に負担がかかります。

ただしX脚気味の方は日本人にはほとんどいないとされています。
扁平足や外反母趾は、O脚や膝のゆがみにつながりやすく、膝の痛みの原因になります。

合わない靴を長い期間履いていたり、立ち仕事を続けていると足裏のアーチが消えて扁平足となり、O脚を引き起こしやすくなります。


足先のとがったハイヒールなどを履くことで、足の親指のつけ根が外側に曲がってしまうのが外反母趾です。

親指の関節が炎症を起こしてしまうため、ひどくなると歩くたびに痛みを感じます。

痛みを避けるために、外側に重心をおいて歩くようになり、O脚や膝のゆがみを引き起こしやすくなります。

そのゆがみを放っておくと「変形膝関節症」になる危険性もあります。
日常生活での長時間の立ち仕事やハードなスポーツで骨に負担がかかることも、膝の痛みの原因と言われています。
膝の痛みが体質的な問題や遺伝のために起きると考えられる方は、一般に軟骨が摩擦しやすい場合が多く見られ、足だけでなく、肘や腰といった他の部位についても注意が必要です。
膝の痛みの原因として多いのは、老化によって膝軟骨がすり減り、関節が変形して起こる「変形膝関節症」です。

膝の関節に炎症が起こって痛みを感じます。

ひどくなると手術が必要な場合もあります。


また、老化によって体内の血管が衰えると、体中の筋肉や内臓器官に十分な血液が行き渡らなくなってしまい、体中の関節・軟骨にトラブルが生じ易くなります。
原因はさまざまですが、日々の生活を見直し、適度な運動を取り入れ、バランスの取れた食生活を心がけることが膝の痛みの予防に大切なことです。

また膝の痛みが起きてしまったら、ももの筋肉を鍛えたり、もものストレッチを行うことが有効です。


オキソピタンDXゴールド 360cap+痛み止貼薬24枚 目の痛み・肩こり・ひざ腰の痛み

オキソピタンDXゴールド 360cap+痛み止貼薬24枚 目の痛み・肩こり・ひざ腰の痛み


関連情報>>膝 痛み



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

膝の痛みが出たら生活習慣を見直すことから始めましょう

膝の痛みの症状が出始めたら、日常生活の中で無理な体勢をとっていないかなど生活習慣を見直すことをおすすめします。

膝の症状を気にして、バランスの悪い歩き方をしていると、腰痛になることさえあります。

膝の痛みの症状は、膝の関節に水が溜ったり、膝の関節の骨同士が擦れてぶつかることから表れます。
水が溜まるとよく言いますが、水とは関節液のことで、関節液は膝関節の潤滑油としての役割を果たしています。

膝関節痛が悪化して、膝関節が炎症を起こすと、関節液がどんどん溜まってきます。

溜まった関節液をそのままにしておくと、圧迫感や不快感を感じるようになります。

もともと炎症をおこしているわけですから、関節部分が腫れて痛みの症状が表れます

膝の痛みの原因として多いのは、「変形膝関節症」です。

老化によって膝の関節の軟骨がすり減り、膝の骨同士がじかに接するようになります。やがて膝の関節が変形し炎症が起き、痛みを感じるようになります。

これが「変形膝関節症」です。
歩いているときや立ち上がったり、座ったりするとき、また階段の昇り降りで、膝の痛みを感じるのは、膝の関節がクッションの役割を果たせていないからです。

足をかばおうとして無理な体勢やかたよった重心で歩くようになってしまうと、膝以外の身体の各所の関節でもトラブルが生じやすくなります。
また、膝の痛みを感じる前にひどい腰痛を感じている方も同じで、腰をかばおうとするため、足に負担がかかることになります。


オムロン電気治療器  

オムロン電気治療器  


関連情報>>変形膝関節症

膝の痛みに対する治療方法はヒアルロン酸の注射やサプリ、マッサージなど

膝の痛みに対する治療方法は、痛みの度合いや、原因により違ってきます。

痛みの緩和には飲み薬や、外用薬等の処方もあります。肥満の解消や姿勢の改善など、生活の改善により痛みの緩和が見られるものもありますが、変形性の膝関節が原因のものは手術が必要なものもあります。

膝の痛みを感じた場合はすぐに専門の病院や整骨院等に診察をしに行くことが大切です。

関節内にヒアルロン酸を注射することによって痛みを和らげる治療法もあります。ヒアルロン酸をサプリメントで取り入れても同じ効果が期待できます。

膝の痛みを解消するには、薬療法の他にマッサージや針・お灸・などの対処法もあります。特に、トラックや車の運転を仕事にしている方は、薬療法は難しいかもしれません。

しかし、痛みをがまんすることはできないですし、がまんをして放っておくことも良くないことです。

そのような場合は針治療やお灸・マッサージ療法を受けることをお勧めします。


【20%OFF!】 飲むヒアルロン酸サプリ 和(なごみ)約4〜8ヶ月分240粒入り ヒアルロン酸、コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンなど15成分 送料無料

【20%OFF!】 飲むヒアルロン酸サプリ 和(なごみ)約4〜8ヶ月分240粒入り ヒアルロン酸、コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンなど15成分 送料無料


関連情報>>膝 痛み

大阪大学医学博士との共同開発で生まれたマッサージオイル

大阪大学名誉教授で医学博士の永井先生の30年余りの研究成果に基づき、開発された、100%オーガニック アロママッサージオイルです。

気になる膝や腰、方などコリや疲れ、痛みなどで気になる箇所を、このオイルでマッサージすると、動脈が拡張し、血流が増加し、骨格筋への酸素と栄養素の供給が増大し、骨格筋の疲労回復が図れる可能性があることが証明されています。