[ナイスな情報]


-- MENU --

枝毛の原因対策を考え、健康な髪のケア方法を会得しましょう。

枝毛の原因や対策について考えてみましょう。枝毛の原因にはどんなものがあるのでしょうか。そしてその対策方法は。他にも切れ毛や抜け毛などの悩みを抱える人も多く、これらの問題を解消するためにちゃんとした対策方法を考える必要があります。枝毛の原因や対策を考えその情報を知ることで、髪のケアに役立てましょう。
枝毛ができるのには、いくつかの原因があります。1つ目は、髪が乾いてキューティクルが広がったときに髪の手同士がもつれ、無理な摩擦やダメージによって髪の繊維が縦に裂けてしまうことが原因とされています。髪のたんぱく質は縦長で繊維状になっているため、裂けやすいのが特徴です。このような特徴を踏まえ、枝毛の対策を考えましょう。
2つ目は、カラーリングの最中やパーマの最中にできてしまうことです。切れ毛になる原因がそのまま枝毛の原因となります。髪の毛の流れに逆らって巻かれていたり、過度のブローをしたり、髪をゴムできつく縛った時などや、癖毛矯正の際に切れ毛、枝毛が発生してしまいます。枝毛の対策を考える時には、切れ毛にも注意が必要です。


ニューウェイジャパン ナノアミノ ダメージコントロール D-CTL H2 1000ml

ニューウェイジャパン ナノアミノ ダメージコントロール D-CTL H2 1000ml


関連情報>>枝毛 ケア



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

枝毛ができる原因は、毛髪内の隙間。いったん枝毛になってしまうと、ヘアケアでは修復できません。

枝毛ができてしまうかどうかは、ある程度髪質によってできやすい人、できにくい人とわかれます。一般的に、キューティクルが厚い人はできにくく、キューティクルが薄い人は枝毛ができやすいとされています。枝毛ができる原因は、突き詰めていくと毛髪内に隙間が出来ることにあります。キューティクルが開き、そこから間充物質のたんぱく質の中に含まれているアミノ酸が流失し隙間ができてしまいます。枝毛の原因対策には、こうした髪の内部の間充物質を補充するために、しっかりトリートメントする必要があります。

できてしまった枝毛を処理する時の基本は、美容院などで髪をこまめにカットし整えることです。このとき、ただ枝毛になった毛先を切るだけでは処理できません。またそこが枝毛になってしまうだけです。1度枝毛になってしまってからでは、ヘアケアで修復することは難しいので、枝毛の対策としては切ってしまうことが必要です。髪を切りたくないという人や、髪を伸ばしたいと思っている人は、日々のケアで枝毛を予防しなければなりません。この時、大切なのは、自分の髪質に応じたシャンプーやトリートメント選びをすることです。


薬用スカルプD スカルプパック コンディショナー[全肌タイプ用]

薬用スカルプD スカルプパック コンディショナー[全肌タイプ用]


関連情報>>髪 保湿

枝毛の原因 対策をしっかりと考えて、正しいヘアケアを実践しましょう。

枝毛の対策には、市販のもので良いのですがクエン酸入りのリンスを使用することで髪を弱酸性に戻すことができますので、そうしたヘアケアをするのも有効です。今は、弱酸性のシャンプーやリンスもいろいろな種類のものがたくさん販売されていますので、トリートメントをていねいにするのと同じように、シャンプーやリンスも自分の合ったものをちゃんと選ぶことができるようにしておきましょう。

そうそう、髪に良いからといって、1日に何度もシャンプーをし過ぎることも、逆に髪を傷めてしまうことになってしまいますのでほどほどに。もちろん、これは最低限の常識ですが、シャンプーやリンス、トリートメント後(洗い流さないタイプの場合は別)には十分に洗い流し、髪を出来る限り早くしっかりと乾かすことも大切です。

そして、すでに傷んでしまっている髪は、シャンプーやリンスをする時にゴシゴシと擦り洗いをしたり、髪がまだ濡れている時でもタオルで強く拭き過ぎたりすると、髪をより傷めてしまいますし、もちろん、切り毛や抜け毛の要因にもってしまいますので注意してください。枝毛を無くして行くには、枝毛の原因を知って、その対策方法をしっかりと覚えて、正しいヘアケアを実践していくことが大事です。


ゼンケン アクアセンチュリーレインボー CCF-150S

ゼンケン アクアセンチュリーレインボー CCF-150S


関連情報>>髪に優しい